猛暑には「水分補給」「塩分摂取」

日本中、35度を超える猛暑が続いており、昨日山梨・身延町で、全国で最も暑い39.2度を記録した。熱中症によって搬送される人が後を絶たず、亡くなる方もいらっしゃる。決して、これは断じて他人事ではない。

身近な大切な人が、また自分自身が熱中症によって生命を落とす可能性もある。近年、異常気象が原因なのか、日本の夏は毎年大変暑い日々が続いており、気温は年々上昇しているように思われる。“暑さ”という自然現象は防ぎようがないかもしれない。だからこそ、「先々の用心」を持って賢明な予防・対策を検討していく以外にない。特に外で部活や仕事をされてる方々などは厳重な警戒と対策が必要となる。まず大事になってくるのが、「水分補給」「塩分摂取」である。中でもやはり効果的と言われるのが、ポカリやアクエリなどのスポーツドリンクである。
ブルーベリーアイ 【効果ってあるの?どれくらい飲めばいい?】

熱中症で警戒すべきなのが、大量の汗を放出する事によって、体内の水分が失われて起きる、脱水症状である。その対策として、最も水分の九州が効果的で点滴の役割を持つとも言われるスポーツドリンクが最も効果的である、その中で、今、注目されているのが、経口補水液という飲料で、薬局などでOS-1という商品名で売られている飲み物である。