自己破産をしていても融資の審査は通るのか

新規のキャッシングを組む時に、かつて自己破産をしたことが、どのように影響するのかと心配になっている人がいます。一度でも自己破産をしたこどかるあると、キャッシング会社からは信用能力のない顧客と見なされているのではないかという人もいます。けれども、昔、自己破産の経験はあるけれども、新規の融資を利用できているという人は少なくありません。新規の融資を求める時には、自己破産をしていても、借り入れ可能な条件というものがあります。信用情報会社に照会をして、自分の過去のキャッシング履歴を確認してみてください。最後に自己破産をしてから5年以上が経過しているかどうかを知ることで、新規の融資が可能になるか知ることができます。信用情報会社の個人信用情報は、自己破産の情報は、直近5年以内のみ書かれています。自己破産の情報は、いわばキャッシング業界の前科者ですが、それでも5年が経過すれば記録自体がなくなってしまいます。自己破産をした時に借りていた金融着会社には、年数とは関係なく新規融資は不可能です。金融会社を選ぶ時には、利用経験がないところにしたほうが、新しい融資は受けやすくなっているようです。今までに自己破産をしたことがある人だとしても、5年がたてばブラックリスト入りも解除されるでしょうから、キャッシングの審査も自由に受けることができます。キャッシング会社は、自己破産してから5年の間は信用情報が回復していないとして新規の融資を行いませんが、5年たって問題が発生していないなら、ローンを新しく組むことなどは問題なく実行できます。

 

薬剤師転職サイトのおすすめ