ワキガの症状によって異なる手術の方法

一人一人のワキガの症状ごとに、適切な手術のやり方は変わってきます。

ワキガに対して効果を発揮するというクリームやスプレーが広く利用されるようになっていますが、根治治療をしたい場合は、別な方法が必要になります。

症状そのものを根絶させるためには、病院でワキガの治療あるいは手術を受ける必要があります。

もしも、ワキガの症状がそれほど重くないなら、病院で処方される塗り薬をつけたり、飲み薬を飲み続けることで、体質改善の効果が期待できます。

飲み薬や塗り薬では解決が見込めないという場合には、ボトックス注射や、針を刺して電気を通すことによって治療する方法があります。

さらに症状が悪い場合には、手術による方法が選択されることになり、ワキガの手術においては、まずメスを使ってワキを切開するか、しないかという決断を下すこととなります。

よく行われているワキガの手術法は剪除法と言われるもので、ワキガを治療し、身体へのダメージも小さく済ませることができます。

剪除法では、メスを入れた場所が元通りに戸してくれなかったり、手術の痕跡が皮膚に個乗ってしまったりというトラブルもあります。

メスを入れない場合では、ワキの下に穴を開けて管を通すことで治療を行う皮下組織吸引法という手術が主流です。

手術痕が小さく済むことが、管を使った手術のメリットですが、ワキガの要因となる汗腺の取り残しがどうしても出てしまいます。

さらに超音波を発生させて効果を高める超音波吸引法や、剃刀のついた専用器具を使用する皮下組織削除法という手術も選択肢としてはあります。

どのワキガの手術方法が自分の症状に適しているのかは、事前に医師との打ち合わせによって決めることができるようになっています。ビーエスコート 岡崎市