豚の角煮上手に出来ました!

友人との飲み会で訪れた居酒屋。

食べ飲み放題だったんですけど、

そこで出できた豚の角煮がとっても美味しくて、

自分でも作ってみたい……!と思うようになりました。

でも煮込み料理って難しいイメージ……

けっこうコツがいるし、

手間もかかるし、

ずっと煮込むからガスをたくさん使って光熱費も結構かかりそう……

でもやっぱり作ってみたい!と自分を奮い立たせ、

頑張って作ってみました!

まずはスーパーで食料調達。

角煮に使うお肉は豚の肩ロース。

こちらは200グラムのものを買いました。

そして一緒に煮込む人参も二本購入。

醤油や砂糖はおうちにあるから買ったものはこれだけ!

おうちに到着して、早速調理開始!

まず、肩ロースを一口サイズに切る。

200グラムって、結構あるのね……

2食分ぐらいありそう。

そしてその次は人参をカット。

皮をむいて、こちらも一口サイズに。

これで、準備完了!

意外と早かった!!

いよいよ煮込みます!

レシピ本を見ると、まずはお肉の表面を焼いて、

焼き目をつけて、うまみを閉じ込めなさい!

と書いてありました。

フライパンに油を入れて、お肉を焼きます。

これが今からおいしい角煮になるんだと思うと、

愛しさを感じます!

焼き目をつけたあとは、

お鍋に水を入れて、お肉を煮込みます。

ここで料理酒を入れることを忘れないように!

お酒と一緒によく煮ると、お肉はやわらかくなるそうです。

最初は10分茹でで、アクも一緒に取ります。

その間に溜まっていたお皿を洗ったりしてました!

10分経ったのでレシピ本を見ると……

「人参を加えてさらに10分煮る」

ここでやっと人参が入ります。

人参もよく煮ないと、硬いままでは美味しくないですからね!

さらに10分後……

人参に爪楊枝を刺すとスっと刺さり、いい感じの柔らかさに!

さて次の作業は……

「砂糖・醤油をいれて10分煮込む」

え!?まだ煮込むの!?

と軽く動揺しつつ砂糖と醤油をお鍋にイン。

そろそろガス代が心配になってきます……

砂糖と醤油は大さじ二杯です!

そして10分後……

やっと完成だ!と思いつつレシピ本を見ると……

「あと4〜5分煮込む」

絶句しました。

やっと完成だと思ったのに。

しかし美味しい角煮をこの腹に収めるためには

努力も必要です。

我慢の5分間でした。

人参も箸でつつくとほろりとくずれる柔らかさ。

5分後……

完成です!

煮込みに煮込んだ豚の角煮、

その場でつまみ食いしたい気持ちをぐっとこらえて、

お皿に盛り付けて食卓に運びます。

そしてやっと!!

いただきます!

正直めちゃくちゃ美味しかったです。

言葉では言い表せないほど。

どんな味か気になる方は、

是非自分でも作ってみてくださいね!

でもひとつだけ後悔したことがあります。

それは、卵を一緒に煮込まなかったことです!

煮玉子みたいになって絶対美味しそうなのに……

マイシード最安値