アメリカでの日本車販売

アメリカでの日本車販売についての動向を解説しています。さすがトヨタとホンダですね。

アメリカでの日本車販売が不調という話があります。

2012年の末にアメリカでも財政の危機と言う事で、大変話題になりました。
しかし、自動車販売については、2012年末から2013年の1月、2月については、結構好調だったらしい。
その理由としては、自動車の使用年数が10~12年ぐらいに達する台数が非常に多かったためと言われています。

それに伴い、自動者のローンの金利も低下していたため、消費者が容易に自動車を購入できたためだと思います。
しかし、アメリカの雇用情勢があまり良くない事や、税金の上昇があるかもしれないので、
そのことが消費者の心にブレーキをかけている模様です。
それにしても、トヨタの販売台数は素晴らしいですね。
ピュアメイジング 楽天
2月までの合計で約32万台も売りさばいているとのこと。
アメリカでも全然売れているのですね。
アメリカの自動車業界の中では3位にランクインしています。
それに続いて、ホンダ、日産ときています。
結構人気が出ているのが、ホンダのアコードです。
日本でもかなりの人気がありますね。
ぜひ、日本の自動車業界は、海外にどんどん進出していってもらいたいものです。