病院で処方される薬

アトピーや湿疹で皮膚科のお世話になったことがある人はたくさんいると思いますが、その時はどういう基準で病院を選ぶでしょうか?
私は、たまに膝の裏や肘の蒸れやすい部分に湿疹ができる程度なので、近くにある病院を選ぶのですが、慢性化している方は評判のいい病院、キレイに直してくれる病院を選ぶと思います。
私の知り合いの長い間酷い皮膚炎で悩んでいる人は新しく評判になったりする○○療法に通うなどわらにもすがる思いで病院を探していたりします。

そんな友人が、どこの病院に行こうかと悩んでいる私にアドバイスをくれたことがあります。
曰く「飲み薬をたくさん出す病院」には、気を付けた方がいいという事です。
友人は依然、あっという間にきれいに直してくれるという病院に通った際、軟膏などの塗り薬よりも、大量の飲み薬を評されたことがあり、その薬を飲むと一週間ほどで今までにない位肌が綺麗になって行き、喜んでそこに通い続けたそうです。
ところが、いつのころからか頭がぼーっとしたり、眠くてたまらなくなることが多くなり心療内科を受診したところ、医師が驚くほどの精神安定剤が処方されていたそうです。
友人が言うには、アトピーを治す事だけを目的とした結果だったのだろうとの事です。
精神安定剤は、副作用が出たからすぐやめるという事が出来ず、徐々に減らさなければいけないものらしく、アトピーの再発と精神安定剤の副作用にひどく苦しんだそうです。
病院で処方される薬は、市販されている薬より怖い、実体験を聞いてつくづくそう思いました。
医師の指導のもと用法容量はしっかり守りましょう、おかしいと思えばほかの病院に行きましょう。
ラヴォーグ 渋谷