年中日焼け止め

日焼け対策は、もう随分昔からしていますが、日焼け止めは季節を問わず塗っています。

高校時代から主に意識するようになり、日差しの強くなるこの4、5月ごろから日傘と帽子も必需品です。

元々色白の方で、少し日差しを浴びただけで真っ赤になり、子供の頃から日焼けをしても赤くなるだけで元に戻る肌質です。

日焼け止めの塗り方がとても重要で、ただ伸ばして塗るだけでなく、トントンと叩きながら伸ばすように塗っていきます。

そうすることで、日焼け止めを塗ってもムラにならず、綺麗に肌をカバーすることができるそうです。商品によって、持ちも違うので、午前と午後で塗りなおしています。

あと、気をつけていることが2つ。

一つ目は、外出前にはキュウリを食べないようにしています。

最近知ったのですが、キュウリを食べた後に日差しを浴びると、日差しを吸収し、シミになりやすいそうです。

二つ目は、肌に香水をつけないことです。香水を肌につけて紫外線を浴びるとシミになるので、今思い当たるところで気をつけていることはその二つです。

あそこ臭いアンボーテ